レオ・レオーニ展@損保ジャパン日本興亜美術館

「みんなのレオ・レオーニ展」に行ってきました。

レオ・レオーニという名に聞き覚えのない方もいるかもしれません。
教科書にも載っている「スイミー」の作者と言えば、わかるでしょうか?

色が好きな方なら「あおくんときいろちゃん」もご存じかもしれませんね。

(レオ レオーニの間の部分が「あおくんときいろちゃん」になっています)

グラフィックデザイナーで活躍した後、
「あおくんときいろちゃん」で絵本作家としてデビューしたレオーニ。

絵の具だけでなく、
色鉛筆やクレヨンなどでも描かれた、
色鮮やかな色彩。
立体感のあるコラージュや
不思議な質感のこすり絵。

たくさんの原画を目にすることができるだけでなく、
絵本が置いてあったり、
ところどころに仕掛けがあったり、
会場全体を楽しめる展示会でした。

特にインタラクティブコーナー「あおくんときいろちゃん」では
自分が動くことで
色が重なり、色が生まれる感じを楽しめて
面白かったです。

また、個人的には
カラフルな色づかいよりも
黒を上手く使ったものが印象に残っています。

「黒いテーブル」と題されたシリーズに添えられていた言葉
「黒の上だと色が美しく見える」
という、子供の頃、レオ・レオーニに黒いテーブルをくれた叔父さんの言葉が
強く印象に残った影響もあるかもしれません。

なので、ミュージアムショップでも
「黒いテーブル」ではありませんが、
黒を使ったポストカードを選んできました。

ちなみに入場券が必要な美術館内のミュージアムショップだけでなく、
美術館のある損保ジャパン日本興亜ビルの1階でも
レオ・レオーニ展のグッズを購入することができ、
こちらは入場無料です。
(ミュージアムショップより品数多い感じがしました。)

カラフルなグッズが多いですし、
袋もかわいいので、
お好きな方はぜひ。

公式サイト:https://www.asahi.com/event/leolionni/
(東京の後、鹿児島、沖縄にも巡回するそうです。)

あと…これは別途記事にしますが、
平日に今回の展示に行かれる方は
近くにあるモード学園コクーンタワー地下2階にある
DATCHAという靴下専門店にも寄ってみてください。

自分で色を選んで靴下が作れるのですよ。
(しかもそれほど高くなく)
たまたま見つけて、オーダーしてきました。
色の種類が豊富で選ぶだけでワクワク。
できあがりが楽しみです。
(できあがってから改めて記事にしようと思っています。)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です